皆さま「さようなら」の持つ本来の意味はご存知でしょうか?

さようならは「左様ならば」「そうならねばならぬなら」が語源となっており、

(別れたくないが)そうならねばならぬなら(仕方ない)という

諦めと悲しみのある美しく儚い別れの言葉なのです。

美しい日本語だと思いませんか?

少しでも安心して、最後の姿をしっかりと焼き付け「さようなら」のお手伝いができる様、最期に携わる者としてこの言葉の重みを理解し大切にしたいと思います。