こんにちは。お正月も終わり、バタバタと月中まであっという間に皆様お過ごしかと存じます。

 

今回、当社の大場一親支配人が、【一級葬祭ディレクター】に合格致しました。

名前を聞くとなんとなく、御葬儀に関する資格なのかなと、この資格を御存じではない方も想像できるかと思います。

【一級葬祭ディレクター】とは、厚生労働省認定の葬祭従事者に求められる知識や、技能レベルの達成度を審査・認定するものです。

試験では、筆記試験に実技試験が行われます。

日本では、葬祭従事者に対して資格(ライセンス)取得は義務付られておりませんが、欧米の一部ではライセンス資格が義務付けられています。

これから先、超齢化社会が進む中で、葬祭従事者の社会的重要性が高まっています。お客様の意向、求められていることに真剣に耳を傾け、細心の専門性をもった葬祭サービス提供できることが求められています。

なので、お客様の期待に応えられるレベルの人材であるかを客観的、総合的に評価する【一級葬祭ディレクター】は今日の日本で重要度を高めているライセンスでしょう。

これからも、やまそうはお客様へより良いサービスを行えるように、日々精進してゆく所存でございます。

 

最後に、合格に顔が綻ぶ大場一親支配人です。

unnamed (1)

 

何かお困りなことや不安なことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。